マチミィ'S DIARY

ゲーム・アニメ・漫画大好きの新米夫婦です♪のんびり更新中♪

イラストで考察☆ 第2回『大根の辛味と成分』

こんにちはっ!マチミィです。

突然ですが皆さんは「大根」お好きですか?

大根は栄養が豊富な食材の5大色「白」にあたる食べ物です。

ちなみに「赤」はにんじん。

「青」は緑黄色野菜。

「黒」はしいたけ。

「黄」は卵だそうです。

(↑勉強会に行ってきたよ)

 

マチミィの二人は食べられなくはないのですが

昨年までは苦手で極力さけてきました。

でも両親が旅行のお土産で

「三浦産」のとっても美味しい野菜達を買ってきてくれて

その中に大根があり、

「せっかく美味しいのだから、なんとかして食べてみよう!」と

頑張ったのが食べれる様になったきっかけでした。

実際めちゃくちゃ甘く、とても美味しかったです。

(苦手な物は美味しい所で食べろというのは本当ですね)

 

それ以降「豚バラ大根」や、

「おでん(お出汁しみっしみで最高でしたっ!)」

「みぞれうどん」、「お味噌汁・お雑煮」など、

色々楽しんで食べる様になりました。

 

ここまでは平和に美味しく大根生活をしていたのですが

ある日、大根さんの反撃があったのです。

 

 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

 

「みぞれうどん」を作っている際に

大根をおろすのですが、擦って水分を切っている途中から

やたらと「指の付け根」がヒリヒリしてきたのです。

水切りをしていた手には指輪をしていて、

その指だけヒリヒリしていました。

たぶん大根おろしを手で抑えて水分を切っていた際に

指輪に大根の水分(成分)が引っかかって(溜まって)

アレルギーの様に反応してしまったのではないかと思います。

今まで大根料理は幾つか作ってきたのに

ヒリヒリしたのはこの時が初めてで、びっくりしました。

 

このヒリヒリの原因は一体なんなのか!

(そして早くこのヒリヒリを治めたい;;)

という事で、調べてみる事にしました。

f:id:machimy:20190522223450j:plain

 

 

ヒリヒリの原因について

大根の辛味には「イソチオシアネート」という主成分があるそうで

こちらが原因ではないかとされています。

マチミィが使用した大根の部位は「根っこ」に近い部分で

一番辛味が多い部位でもあります。

そこには沢山の成分と旨味があるという事になりますね。

 

ちなみにヒリヒリしてしまった指は、

流水でしっかり洗っていると5分位で治りました。

思っているよりだいぶ痛いので

次から水切りをする時はザルとか茶こし等を使おうと思います。

 

イソチオシアネートについて

f:id:machimy:20190522231817j:plain

「痛くなるから悪いやつ!」っと思いきや、

めちゃめちゃ良い成分でした。

大根をおろした時にだけ含まれる成分で

発がん抑制効果」もあり、注目されているそうです。

食欲増進・殺菌作用・脂肪の消化を助けてくれたりと

良い効果もたくさんある模様。

ただ、「イソチオシアネート」は揮発性なので

すりおろした後、どんどん減っていってしまいます。

大根おろしは食べる直前(擦って10分位で食べる)にするのが良いようです。

煮たり加熱をすると、同様に減ってしまいますので

おろしは「生」でいただく方が栄養素的には効果大ですね。

(みぞれうどん美味しいんだけどなぁー...残念(´・ω・`)

 

「イソチオシアネート」は「大根」以外にも

辛味のない「キャベツ」、「白菜」などにも含まれている成分の様です。

野菜それぞれで「イソチオシアネート」の栄養効果は異なるみたいで

調べているとなかなか面白いですよ♪

 

大根のその他の成分・栄養素について

 同じく大根の良い成分として「アスター」もあるそうです。

こちらは「消化改善・食欲増加」の効果があり、

ダイエットにも良さそうですね。

ただ、こちらも「イソチオシアネート」と同じく

「熱・風」には弱い為、「生」でいただいた時に効果が高い様です。

ここにきて大根おろしさん最強説が出てきてしまいました。。。

体に良いんですねぇ、大根って。

 

また基本スーパーでは付いていなかったり

捨てたりする「葉っぱ」部分にも栄養素

「ビタミンa」「ビタミンc」「カルシウム」があるそうです。

美容にも良いみたいなので、新鮮な大根が手に入ったら

早めに調理していただいてみたいですね♪

マチミィ的には漬物にしてお茶漬けで食べてみたいです♪

 

【おまけ】おいしい大根の選び方

f:id:machimy:20190522231852j:plain全体的に(葉っぱから根っこまで)まっすぐピーンとしているもの。

 

葉っぱ:みずみずしく、まっすぐ生えている。綺麗な緑色。

    葉っぱがカットされている場合は「切り口」を見て、

    「白いスジ(す)」が入っていないもの。

    (スジがあるものは水分が少なく、本体にもスジが入っている場合がある)

本 体:上部は淡い緑で、真ん中・根っこ部分は

    真っ白でなめらかなもの。

    ハリツヤがあり、太くて重さがズッシリとしている。

    根っこの穴は等間隔で真っ直ぐ下に向いているもの。

    カットされている場合は「切り口」がみずみずしく、

    「白いスジ(す)」が入っていないもの。

 

【おまけ】大根の部位と、おすすめ調理方法

葉っぱ:食感が美味しい。漬物や炒め物に。

上部分:【 辛味少 】・【 硬 】・サラダ、漬物などの生食用に。

真ん中:【 甘 い 】・【 柔 】・ 厚切りにして煮物、おでんに。

下部分:【 辛 い 】・【 普 】・ おろし、お味噌汁、薬味に。

 

【おまけ】季節によってさらに辛味が異なる

冬:甘くなる・「ふろふき大根」や「ぶり大根」などに。

夏:辛くなる・「酢の物」や「和え物」、「サラダ」などに。

 

 ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ 

 

大根さん情報、いかがでしたでしょうか。

マチミィと同じく苦手な方もいるかと思いますが...

大根、栄養たっぷりで美味しいですよっ!

季節や地方によって、いろんな種類の大根があるみたいなので

もしかしたらお気に入りの1本に出会えるかもしれませんね♪

 

 

今回勉強させていただいたサイト様です。

ありがとうございましたっ!

timekomi.com

©machimy All rights reserved.